ITSUKI樹
THE ALMIGHTY WINE GLASS ITSUKI 「樹」

樹グラス公式ホームページ
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


HOME > ITSUKI

Glass_yokoichi.jpg

世界初、奇跡のグラス。
~The Almighty Glass 樹~

オールマイティー・グラス「樹」(ITSUKI)は、レストラン銀座エスコフィエ・オーナーの平田理論に基づき開発された、ボトルの中、いわゆる正円のグラスに入れられ、味や能力が拘束されてしまう前の、フリーな状態をそのまま味わえる、世界初の真のオールマイティー・グラスです。
 ボトルの中のそのままの状態をグラスで表現できる能力を備えているため、白・赤・ボルドー・ブルゴーニュなど地方や品種を問わず、さらにシャンパーニュ・ビール・純米酒・焼酎・ウィスキー・ブランデー・ミネラルウォーター等、自然に造られた飲み物であれば、全ての飲料を、この「樹」1種類で楽しめる、夢のような奇跡のグラスです。

ご購入はこちら.png

■テイスティンググラス
 ショートステムタイプ2個セット

■テイスティンググラス
 ロングステムタイプ2個セット

■ロングステムタイプ2個セット
下記にて1脚からのご注文も承ります。

■ショートステムタイプ2個セット

■1個単品販売 ロングステムタイプ

■1個単品販売 ショートステムタイプ

樹の使用方法.png
樹グラスで飲む時の注意点
ワインを仕上げる必要もなく、合わせる料理も悩むことなく楽しめるオールマイティーグラスです。
そして、料理の重さによって使い分けることができます。
例えば、軽い料理の時は幅広の横から、重い料理の時は、縦方向で飲むとワインの強弱が出て、新たな発見が得られます。
ただ一つの注意点は、グラスを回さずにお飲み下さい。回すとグラスの個性で味が変化してしまう可能性があります。
 注意点として、ボトルの中のワインの状態そのものを味わうグラスですので、通常ワインを飲むときに行っている、グラスを回す行為(スワリング)は、行わないようにして下さい。回すと、通常の正円のグラスに入れた時と同様、液体が同心円を描いた途端、分子が結合し、フリーな状態であったものが拘束されてしまい、味や性格まで変化してしまいます。(スワリングは、拘束され固まってしまった液体に無理やり酸素を取り込むためのもので、正円のグラスであるが故に、回さざるを得ない行為である、ということが言えます。)その結果、飲料が備えている、食材に対する柔軟性=オールマイティー性」を喪失する恐れがあります。
 これらの現象は、味の検査機関(株)AISSYで検証済みで裏付けもとれております。
 (この飲み物とこの料理は、相性が悪いという組み合わせの殆どが、正円のグラスに入れられた瞬間に起こる、分子の結合が招く拘束によるものです。)